BLOG

高田馬場の整体UPrightの肩こりと眼球運動

2019/04/08

こんにちは、高田馬場の整体院UPrightの大竹です。

 

ご自分の眼球運動について意識したことがありますでしょうか?

 

今回は、肩こりの原因の一つとなる目の動きについてお話します。

 

眼球を動かす筋肉(外眼筋といいます)は6個あり、組み合わせる事で上下左右と自由に眼球を動かすことが出来ます。

 

当然、外眼筋も筋肉なので疲労や緊張が起こり、眼精疲労や頭痛の原因となる場合があります。

 

そして外眼筋と関係するのが肩こり(+o+)

 

外眼筋は、身体の平衡感覚を司る三半規管と連動して働いているため、外眼筋の一つが緊張を起こすと三半規管も刺激され脳は「身体が傾いているから姿勢を直せ」と認識してしまいます。

 

傾いたと錯覚した脳は姿勢を正そうとするために首や肩の筋肉を緊張させてしまうため慢性的な肩こりが出来上がってしまいます。

 

この場合は筋肉を揉んでも押してもほぐしても「身体が傾いている」という間違った刺激を無くさない限り肩こりが治まることはありません。

 

当院では、眼球運動と筋力反射テストを行いながら施術をすることで、三半規管の働きや眼球の動きを修正する調整を行っております。

 

肩こり以外にも頭痛やめまいなどの症状にも効果的となります。

 

中々改善しない肩こりなどをお持ちの方はお気軽にご相談ください(^^)

 

高田馬場の整体院

カイロプラクティック×加圧トレーニング

 

前回のブログ・高田馬場の整体UPrightの肩こり調整はこちらから