BLOG

30代女性、膝裏の痛み、正座が出来ない

2019/04/01

当院は、関節、筋肉の可動を修正することで、痛みやしびれ等の改善を専門に行う整体院です。

神経生理学、機能解剖学に基づいたカイロプラクティックの手技で全身を調整いたします。

慢性痛、動作時の痛みを感じている方、お気軽にお問合せ下さい。

 

当院の場所 ・ 料金

 

こんにちは、高田馬場の整体院UPrightの大竹です。

 

症例:30代女性、膝裏の痛みで正座が出来ない。

 

主訴:

左膝の裏の痛みで正座が時々出来なくなる。

常に痛いわけではなく長時間歩いたり、立ち姿勢が続いたりすると膝裏が痛んだりと日によって痛みの出方が違う。

 

膝の痛みの原因は??

施術を行った時は正座をすると強く痛んでいたため、整形外科学的検査を行いましたが、特に陽性反応は無く関節、靭帯などの器質的な損傷の可能性は少ないかと考えられました。

 

恐らく血流障害や神経伝達などの機能的な問題があっての痛みと考えられます。

 

施術は、筋肉緊張と血流の改善!

膝裏の筋肉の足底筋や膝下筋には強い圧痛点、ハムストリングス、ヒラメ筋の付着部にも同じく圧痛点がある状態。

血流の状態を確認するため足首で脈拍をとると、膝関節を内旋位で脈拍が弱化、内旋位のまま膝下筋等の筋肉を緩めてみると脈拍が回復するため、血流の障害が起こっての痛みや筋肉や筋膜が血管を圧迫することで起こる痛みの可能性があるかと考え施術を行いました。

 

膝裏の圧痛点がある筋肉を緩めて再び正座をしてもらうと、痛みは無く普通の状態で正座が出来るとの事(^^)

 

他にも、体幹の筋肉や太ももの筋肉に筋力低下があり膝裏の痛みと関係している可能性があるため続けて施術を行っていきながら様子をみることとなりました。

 

膝が痛いからといって膝関節に問題があるとは限りません。

このような場合病院に行っても、画像診断では異常がありませんで終了となってしまう可能性が高くなります。

 

日頃膝の痛みなどでお悩みの方、病院での治療で効果が感じられない方はお気軽にご相談ください(^^)

 

高田馬場の整体院

カイロプラクティック×加圧トレーニングUPright

 

前回のブログ・40代、男性頭の傾きと首、肩の痛みはこちらから