BLOG

高田馬場の整体院UPright、慢性痛とトリガーポイント

2018/11/17

アクセス  料金・メニュー

 

こんにちは、高田馬場の整体院UPrightの大竹です。

 

トリガーポイントという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

 

最近では、筋・筋膜性疼痛症候群と呼ばれていて、慢性的な腰痛や肩こり、顎関節症や緊張型頭痛などの原因となっているとも考えられており、椎間板ヘルニアの症状と同じような坐骨神経痛や手の痛みしびれなどを引き起こす原因ともされております。

 

慢性痛の大半は筋肉に問題があり、トリガーポイントも慢性痛を解消するためにとても重要な要素となります。

近年、整形外科でも筋膜に注目し、慢性痛の改善にトリガーポイントを用いた治療を行っているところも見られるようになりました。

 

トリガーポイントの作られる原因には、筋肉の使い過ぎ、使わなさすぎ、内臓問題、自律神経問題、精神的ストレスなどがあるとされており、当院でも、筋肉の圧痛点などを確認し、痛みの広がり方や再現性などを把握し施術をしております。

 

関節に可動制限がおこると、周辺の筋肉の筋力低下が起こり、筋力低下した筋肉の運動を補うために過使用になる筋肉が出てくるため筋力低下した筋肉にも、過使用の筋肉にもトリガーポイントが形成される可能性が出てきます。

また、内臓の反射により筋肉の過緊張が原因となったり、精神的ストレスなどで交感神経の興奮が筋肉を虚血状態にさせトリガーポイントを形成させてしまうようなことも考えられます。

 

慢性痛の原因とされるトリガーポイントですが、当院では、そのトリガーポイントが形成される理由の関節可動域、筋力検査、内臓の問題、自律神経の状態などを視野に入れ施術を行っております。

 

慢性痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください(^^)

 

前回のブログ・高田馬場の整体UPrightは緩やかな施術ですはこちらから

 

高田馬場の整体院

カイロプラクティック×加圧トレーニングUPright